塾と予備校にはどのような違いがあるの?

query_builder 2022/02/13
コラム
12

塾と予備校にはどのような違いがあるのでしょうか。
どちらに子どもを通わせるべきか悩んでいる親御さんもいらっしゃいますよね。
ここでは塾と予備校の違いについて簡単に紹介しますので、ぜひご確認ください。

▼塾と予備校の違いとは?
どちらも勉強をする場所ではありますが、塾と予備校では指導方法に大きな違いがあります。
塾は学校の授業と基本的には同じ形式です。
講師が問題を出したり、生徒が質問をしたりして授業が進みます。
予備校では講師が講義を行い、生徒はその内容を聞くという形式が一般的です。

■塾と予備校ではどちらがおすすめ?
生徒により、塾と予備校のどちらが良いかは違うものです。
個別指導を受けて分からない部分を徹底的に勉強したいと考えているのなら、塾が良いでしょう。
しかし学習習慣があり自主性が高いのなら予備校の授業が適している場合もあります。
苦手科目が多いのなら、塾での個別指導が適しているかもしれません。
どちらにも良い部分がありますので、総合的に考えて子どもにより合っている形式で学習を進めていきましょう。

▼まとめ
一般的には授業形式で進むのが塾で、講義形式で進むのが予備校です。
どちらにも良い部分がありますので、子どもの性格に合わせて選んでみてくださいね。
柏原市で個別指導が受けられる塾をお探しでしたら、「日の出道場」がマンツーマン指導を行っております。
どんなことも遠慮なく質問できる環境を整えておりますので、塾をお探しでしたらぜひご検討ください。

NEW

  • 個別指導の学習塾はどのような子どもにおすすめなの?

    query_builder 2022/08/01
  • 塾などで使われているカリキュラムとはどのような意味の言葉?

    query_builder 2022/07/15
  • 子どもの習い事の種類には何がある?

    query_builder 2022/07/01
  • 成績アップのためにできるサポートとは?

    query_builder 2022/06/22
  • 自習する習慣を身につける方法について

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE